うつ病に悩む人が増加中!?身近にあるうつ病の実態とは?

そもそもうつ病とは?

誰でも一度は「うつ病」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。患者数は年々増加傾向にあり、今や誰にとっても身近な病気であると言われています。主な症状は、気分が落ち込んだりやる気が出ない、絶望感、睡眠障害などが挙げられますが、この他にもさまざまな症状が潜んでいる心の病です。また、この病気は一つの要因だけでなるものではなく、色々な要因が重なることで症状が出ることが考えられています。本人の性格であったり生活環境、ストレスや遺伝性など、原因を紐解いていくと意外と一つではないことが多いのも特徴的です。

うつ病の治療法とは?

うつ病の治療法には、まずは一度ゆっくり休養を取ること、精神療法、薬物療法などがあります。この病気は、患者自身が自己管理をするという事が大変困難である為、周りのサポートが大きな支えとなってきます。休養と合わせて行われる一般的な治療法として、精神科や心療内科でのカウンセリング、薬による治療があります。病院へ行く事や、薬の服用に抵抗を感じる方は多いですが、同じ病気を「ぶり返さない」為にもこういった方法でしっかり治療することも必要となってきます。

自分を責めない、心穏やかな生活を

よくうつ病になりやすい性格として挙げられるのが「責任感が強い人」や「几帳面で真面目な人」「限界まで頑張り過ぎてしまう人」です。生まれながらに持った性格であったり、その人の素質に関係しやすい病気ではありますが、ほんの少しの気持ちの切り替え次第でネガティブな思考から抜け出すことができるはずです。心が少し疲れたな、と感じたらとにかく自分の好きな事を無心でやってみたり、好きな音楽を聞いてみたりと、自分の中での上手な発散方法を見つけ出すことが、この病気を未然に防ぐ為に一番大切な事なのかもしれません。

なにか最近色々考えると、無気力になる叫びたくなる。そんな思いに悩まされていませんか。もしかしたら、うつ病のせいかも。そんな貴方、うつ病かも。そんなあなたに、うつ病チェックがあります。