楽器も演奏出来る!失敗のない自作の防音部屋の作り方

防音部屋を自作する事は可能?

楽器等の趣味を持っている方は音が出る事で近所迷惑になる事で満足に演奏を出来ないといったも多いですよね。防音室を購入すると高い費用がかかってしまいます。防音部屋を自分で作る事が出来ればいいのにと思った方や思っている方も多いと思います。音の性質を把握する事で外に音の漏れにくい部屋を作る事は出来るんですよ。音は空気の振動で起きます。振動を抑える事や部屋を出来るだけ密封にする事が防音のポイントとなっているんですよ。

購入出来る防音効果のあるアイテムとは?

壁に比べるとドアは薄く、音を通しやすくなっています。専門業者が販売している防音性の高いドアを購入して交換する事で防音効果は抜群に向上します。しかし、昔と比べて価格が安くなったとはいえ、高いと感じる方も多くなっています。出来るだけコストを抑えたいといった方は、ホームセンターで購入出来る「遮音シート」「防音テープ」「遮音カーテン」を使用して既存のドアや室内に取り付ける事で防音効果を得る事も出来ます。自作の防音部屋を作る際に気を付けるポイントとして「隙間を作らず、密封する」事が挙げられます。

スピーカーの正しいセッティングとは?

防音部屋が完成しても、スピーカーが正しくセッティングされていないと音漏れの原因となります。スピーカーは、出来るだけ音の反射させないようにセッティングする事が大切となっているんですよ。壁からある程度離した距離に置く事やスピーカーを床に直置きしないといった事は基本となっています。音漏れの少ない細かなセッティングとして、スピーカーを耳の高さに合わせる事や部屋の間取りや環境の合わせたチューニングを行う事でより高い防音部屋にする事が出来ます。

マンションの床の防音には、性能が規定されているのが一般的であり、管理規約などで明確に定められているケースもあります。