朝起きたら腰が痛い!そんな時に気をつけることは

腰痛になってしまう原因は

疲れを取るためにベッドに入ったのに、朝起きてみると腰が痛くてなかなか起き上がれないということもあるものですよね。そうした腰痛には様々な原因がありますが、一般的に多い原因は重い荷物を持ち上げた時に腰が痛くなるというケースです。普段余り力仕事をしていない方が無理してこうした動作を行うと、腰の筋等を痛めて腰痛になってしまうことがあります。次に多いのが姿勢による腰痛です。普段から猫背気味だったり、座り仕事等で同じ姿勢をずっとしていると起こりやすくなります。

腰痛を防ぎたいのなら

腰痛は一度なってしまうと慢性化してしまうことがあります。そのため、こうした腰痛の原因となる行動や生活習慣をできるだけ改善したり、避けることが大切です。床に置いてある重い荷物を持つ時に、足を伸ばしたまま持ち上げようとする方もいるでしょう。この動作は腰痛を引き起こしやすくて危険なため、きちんと屈んでから荷物を膝のクッションを使って持ち上げることを意識することをオススメします。また、座り仕事が長く続く場合には定期的に軽くストレッチしてみたり、骨盤をサポートするアイテムを利用してみると良いでしょう。

意外と見落としがちな腰痛の原因は

寝起きに腰痛を感じてしまう時には、ベッドが身体にあっていないというケースもあります。マットレスが古くなってへこんでいたり、極端に柔らかすぎるもの等を利用すると、寝ている間に腰に負担が掛かってしまい、腰痛の原因になってしまいます。他の腰痛の原因が見当たらない場合には、一度ベッドを確認してみると良いでしょう。このケースの腰痛ならば、自分の体型にあった腰に良い寝具に交換することで、すっきりとした朝の目覚めを迎えることができるようになります。

むちうちの治療は脊椎の捻挫です。首を大きく揺らさせることでなるので整形外科で固定するか牽引する事で治療できます。